DAZN 野球

2018 プロ野球 少し早いが最多投手を予想してみた!?

投稿日:

待ちに待ったプロ野球が開幕しました。
今年こそは贔屓のチームが優勝してくれることを期待しつつも、やはりいつものチームが優勝するか、そう思っている人もいるでしょう。

チームの優勝予想もいいですが、少しマニアックな最多勝投手を予想してみましょう。
防御率ではなく、あくまでも勝利数です。

セントラルリーグ

まずはこの数年の勝利数の多い投手をまとめてみました。

順位201520162017
1位前田(15)野村(16)菅野(17)
2位ジョンソン(14)、藤浪(14)ジョンソン(15)薮田(15)
3位メッセンジャー(12)マイコラス(14)
4位マイコラス(13)、石川(13)田口(10)、岩貞(10)田口(13)
5位秋山(12)

なかなか、複数年、相当な勝利数を維持するのは難しいのですね。そんな中、大本命は、菅野選手です。なんといっても安定度抜群です。まず間違いないでしょう。


参照元

あえて対抗馬とすれば野村選手とメッセンジャー選手です。野村選手は、広島が点をとってくれます。メッセンジャー選手は安定感ありますので。

でも、菅野選手ですね。あえていえば、巨人打線に少し不安が。

パシフィックリーグ

こちらも過去の成績をまとめました。

順位201520162017
1位大谷、涌井(15)和田(15)菊池、東浜(16)
2位石川、武田(14)
3位武田(13)則本(15)
4位石川(12)菊池(12)千賀、バンデンハーク(13)
5位千賀(12)

大本名は菊池選手ですね。


参照元

昨年までも安定したというか卓越した成績でした。

今年は加えて、2段モーションの問題もなくなり、本名間違いありません。対抗馬としては、ソフトバンクの東浜選手と千賀選手です。どちらも、当然、相当な実力がありますし、ソフトバンクの打撃陣の後押しも大きいです。

個人的には金子投手に、がんばって欲しいのですが。

まとめ

セントラルリーグの大本命は、菅野選手です。
パシフィックリーグの大本命は、菊池選手です。

どちらも実績、安定度ともバッチリです。故障さえしなければ、間違いないでしょう。かなり、言い切りました。

いろいろ、ご意見あるでしょう。また、好きなチーム、選手を応援したいものですね。かくいう私も、オリックスの優勝までは期待していませんが、金子投手には期待しています。

皆さんも、好きなチームの優勝は難しくても、チーム内のピッチャーでもバッターでも一選手の活躍が期待できれば、それだけでも楽しさがアップするものです。色々な楽しみ方を持って、ますます野球を楽しんでください。

プロ野球のテレビ中継DAZN(ダゾーン)で全試合視聴できます。
 ※巨人以外

-DAZN, 野球

Copyright© DAZN(ダゾーン)・スポナビライブ解説ナビ , 2022 All Rights Reserved.