未分類

2018 プロ野球 始まったところで三振王を予想した!?

更新日:

とうとう始まりました2018年のプロ野球。

どのチームが優勝するか、誰が活躍するか、そんなことを予想しながら見てる人も多いと思います。もちろん、1試合1試合を楽しんでみるんですから、あまり記録の事など気にしないでしょう。

でも、試合中に、特にチャンスに三振をされると少し腹立たしい気になります。そこで、どの選手がよく三振をしているか、調べてみました。そして、今年の三振王を予測してみました。

セントラルリーグ

まずは、過去の三振数ランキングをまとめてみました。

順位2015年 2016年 2017年
1位丸(143)ゴメス(130) 梶谷(150名)
2位ゴメス(134) 田中(119) 山田(132)
3位梶谷(132) バレンティン(116) 田中(120)
4位山田(111) 梶谷(110) 桑原(116)
5位エルナンデス(106)高山(109)筒香(115)

このようにまとめると、驚きますね。

外国人のホームランバッターは、三振か長打かと思ってしまいますが、意外にも日本人バッター、特に、三振のイメージのない選手が多いですね。もちろん、単に打撃数の影響もあると思います。

でも、山田選手が多いなんて、想像もつきませんでした。
ともかく、梶谷選手のコンスタントに三振が多いのに驚きます。しかし、残念なことに、今年は開幕2軍スタートです。
ですので、三振王はならないでしょう。

すると、安定した三振数の田中選手が本名になるでしょう。今年も広島の1番打者として、打撃数も多いでしょうから。

パシフィックリーグ

こちらも、過去の成績をまとめます。

順位2015年 2016年 2017年
1位中村(172) メヒア(148) T-岡田(141)
2位メヒア(153) 松田(141)ペゲーロ(139)
3位森(143) レアード(138) 松田(128)
4位浅村(136) 中田(126) レアード(125)
5位松田(135)中村(125)柳田(123)

少しセ・リーグと違って、長距離打者が三振数が多い傾向がありますね。

2015年の三振数は西武が1位から4位まで独占です、すごいすね。ちなみにこの年の西武は4位でした。こう見てみると、レアード選手と松田選手のどちらかの可能性が高いですね。

あえて言えば、松田選手が本名です。打撃数も多いからと言うだけですが。

まとめ

2018年の三振王を予想しました。

セ・リーグ 田中選手
パ・リーグ 松田選手

予想はしてみたものの、予想より今までの結果の方が面白かったです。セ・リーグは、三振が少なそうな選手も多い傾向があります。

一方、パ・リーグは長距離打者が三振が多く、何となくイメージと合っている感じです。三だから、気持ちがある意味いいですね。これを覚えて試合を見てみると、意外と納得できるかもしれないです。

というか、この知識を誰かに教えたくなってしまいますね(笑)プロ野球の中継はDAZN(ダゾーン)で視聴可能です。

-未分類

Copyright© DAZN(ダゾーン)・スポナビライブ解説ナビ , 2018 All Rights Reserved.