DAZN 野球

大谷翔平!MLBで輝く日本人選手

更新日:

二刀流・大谷翔平選手が、MLBでも大活躍しています。大谷選手に至るまでの、メジャーでの日本人選手について考えてみました。

日本人はメジャーでは無理?

1960年代の村上雅則投手以降、日本人でメジャーに挑戦する選手はほとんど皆無でした。江夏豊投手がテストに挑戦したことなどはありましたが。

「日本人はメジャーでは通用しない」そう思われていたのです。あの選手が挑戦するまでは。

そう、野茂英雄です。それでも、1995年にロサンゼルス・ドジャースと契約した当時の日本の論調は、「どうせ活躍は無理だろう」という声が大きかったのです。

しかし野茂は、その期待?をいい意味で裏切り、最多奪三振王を2回も獲得するなどの大活躍でした。まさに、メジャーへの扉を開いた、偉大な選手と言えるでしょう。


参照元

打者は通用しない?

野茂が活躍したころ、日本では「投手は通用したが、日本人の打者はメジャーでは駄目だろう」と言われていました。

ところが2001年にイチローがシアトル・マリナーズに移籍。その活躍は、言うまでもないでしょう。

その後も、「アベレージヒッターは通用したが、ホームランバッターは駄目だろう」という意見がありましたが、2003年にニューヨーク・ヤンキースに移籍し、翌年に本塁打を31本放った、松井秀喜が登場しました。

内野手は駄目?

さて、続く「外野手は通用したが、内野手では駄目だろう」という論調は、2004年にニューヨーク・メッツに移籍した松井稼頭央がレギュラーを獲得し、払拭しました。

「さすがに日本人の捕手は駄目だろう」、そんな声も出ていましたが、2006年にシアトル・マリナーズに移籍した城島健司が、ルーキーオールスターに出場するほどの活躍っぷりでした。

ARLINGTON, TX - SEPTEMBER 13: Catcher Kenji Johjima #2 of the Seattle Mariners fields his position as he throws to second base after picking up a ball hit in front of home plate during the game against the Texas Rangers at Rangers Ballpark in Arlington in Arlington, Texas on Sunday, September 13, 2009. The Rangers defeated the Mariners 7-2. (Photo by John Williamson/MLB Photos via Getty Images)


参照元

そして大谷!

どうも日本人は自虐的になりがちですが、そんな声を跳ね返し、選手たちは夢を実現していったのです。

そして、2018年、ロサンゼルス・エンゼルスに北海道日本ハム・ファイターズから移籍した大谷翔平。当然、「二刀流はメジャーでは通用しない」と言われましたが、打者としては3試合連続ホームランを売ったり、投手としては6回まで完全試合ペースで投げるなど、完全に二刀流として活躍しています。

大谷選手は、まだまだ可能性を見せています。

これからのMLBでの活躍に期待しましょう!MLBはDAZN(ダゾーン)で視聴ができます。

-DAZN, 野球

Copyright© DAZN(ダゾーン)・スポナビライブ解説ナビ , 2018 All Rights Reserved.