未分類 面白さ倍増の視聴方法まとめ

おすすめ4Kテレビのポイントと人気機種をご紹介!

更新日:

2018年の12月からCS・BSで4K・8K放送が始まり、2020年には東京オリンピックが開催されます。またAmazonプライムやNetflixなどのVODなどでも4K化が進んでおり、4Kテレビは盛り上がりを見せています。

「じゃあ、4Kテレビを買うには何を選んだらいいの?」とお悩みの方も多いはず。そんな方にここでは4Kテレビを選ぶ3つのポイントとおすすめのテレビをご紹介します。

4Kテレビを選ぶ3つのポイント

HDR対応

HDRとは、これまで表現が難しかった明るさの範囲を拡張し、日陰・ひなたの明暗差の大きいシーンやライトや太陽光などの明るい光源、金属表面や水面の輝きなどの反射光まで、質感豊かに表現できる次世代技術です。

例えば夜景は肉眼で見るのに近い映像を映しだし、花火や星空も実際の風景を目の当たりにしたときのようなリアルなコントラストの高い映像を楽しむことができます。

倍速駆動

映画やアニメ、ゲーム、スポーツなど動きのある映像はどうしても残像が発生してしまいますが、倍速駆動搭載の4Kテレビであれば動きのある映像でも残像を減らし、なめらかさを表現しています。

4Kアップコンバート

4Kアップコンバートとは4K画質ではない地上デジタル放送やブルーレイディスクなどを4Kにほど近い映像に再構築してくれる機能です。

おすすめ4Kテレビ機種をご紹介

ソニー「BRAVIA KJ-5フラッグシップ4K有機ELテレビ

ソニーのテレビは高コントラストのクッキリした映像が特徴です。「A9G」シリーズはフラッグシップモデル、4K有機ELテレビで現在使われている全てのHDR信号に対応しているため、HDR映像も美しく再現します。

パナソニック「VIERA TH-55GZ1800」(GZ1800シリーズ)

パナソニック「VIERA」シリーズの有機ELテレビは、HDRを使った映画コンテンツなどの表示に強みがあります。
国際認証「ULTRA HD PREMIUM」を取得しており優れた映像美を楽しむことができます。

https://panasonic.jp/viera/products/gz1800.html

LGエレクトロニクス「OLED55C9PJA」(C9Pシリーズ)

LGエレクトロニクスは、有機ELパネルの生産では世界一のメーカーであるため、日本の国内メーカー製品と比べると、価格的にリーズナブルでコストパフォーマンスに優れています。

国内メーカーに特にこだわりのない方におすすめです。

まとめ

4Kテレビは各メーカーから様々なラインナップが発売されており、東京オリンピックの盛り上がりとともに4Kテレビ市場もさらに加熱していくことでしょう。

自分にあった1台を見つけるためにも、予算や機能をチェックして4K放送を楽しみたいですね。

-未分類, 面白さ倍増の視聴方法まとめ

Copyright© DAZN(ダゾーン)・スポナビライブ解説ナビ , 2021 All Rights Reserved.