DAZN テニス

錦織圭に勝利した西岡良仁の実力は本物!?強さに迫ってみた

更新日:

8月14日に行われたテニスのウエスタン・アンド・サザン・オープン(米シンシナティ)男子シングルス2回戦で事件は起きた!

錦織圭が同じ日本人選手に負けた。

こんにちは。テニスのコーチをしていた戸崎といいます。普段はDAZN(ダゾーン)でテニスの試合を見るのが大好きで、日常でもテニスのコーチをしています。

8月14日。衝撃なことでした。

さて、今日の記事の主人公「西岡良仁」

ご存知ですか。日本において、テニスプレイヤーというと錦織選手が有名ですが、よほどのテニス好きじゃない限りは、彼の名前も知らない人ばかりのはずだ。

そんな彼が、シンシナティマスターズの大会で初めて錦織圭と対戦した。ほとんどの視聴者は十中八九、錦織選手が勝つと思っていたはずだが、大波乱が起きた。

なんと西岡選手が勝ってしまった。それもストレートでの勝利だった。

テニスを見ない方にはわからないかもしれないが、普段からテニスを見ている自分からすると、対戦するというだけでワクワクするものだったのだが、さらには勝ってしまったものだから、ものすごく興奮した。

錦織選手は、世界ランキング、最高4まで到達したレジェンド級の選手だ。
対して西岡選手もランキング最高58位で、世界的に見てもものすごい偉業だが、錦織選手と比較してしまうとかなり劣る。

さらには、世界のトップ選手は身長190センチ台が当たり前の中、西岡選手は身長171センチと低い。

テニスの世界において、体格の差は、バレーボールやバスケットと同じぐらい影響してくる。そんな世界で、身長の高くない西岡選手はどのように勝ってきたのだろうか。

まぐれではない!西岡良仁の強さの秘密

まずは、その体格を生かしたフットワーク。彼はどんな球でも拾い、相手に返していく。相手選手からすると、どんなにいい球を打っても返ってくると、焦ってしまい、より良い球を打たないとと、リスクを犯さなければと追い込まれてしまう。

さらに西岡選手の良いところは、フォアハンドでのスピンボールだ。体格の小さな西岡選手は、大きな選手のように、一発で決めるような威力のある球は打てない。

それをカバーするように、フォアハンドでは、ものすごく跳ねるスピンボールを打っている。

このスピンボールは相手選手からすると、力の入らない打点で球を打たされるため、甘い球を返してしまう。

また、スピンの効いたボールは、角度をつけることもできるため、相手選手をコートの外に追い出すことができる。

ですが、プロの世界は甘くないので、そういった球を打っても、ものすごい球が返ってきてしまう。そこで西岡選手のバックハンドだ。西岡選手のバックハンドのボールはフォアハンドとは違い、ネット上に低く飛んでいくフラットボールだ。

相手選手を追い出した後に返ってきた球に対して、西岡選手は前に入って早いリズムでバックハンドを決めていく。

こういったポイントの取り方ができるからこそ、西岡選手は、大物選手たちに勝ち、トップ選手たちと渡り合うことができている。

もっと上の選手に勝つには、これだけでは足りない

テニスのツアーは、一年中試合があり、オフはひと月ほど、試合が終わればすぐに移動し、次の日にはまた試合。

この厳しいスケジュールをトップ選手と戦い抜くためには、圧倒的にフィジカルが足りていない。実際、2年前にもトップ選手と次々を破る快挙を起こしたかと思ったのち、怪我により長期離脱を余儀なくされた。

やはり、西岡選手の今のプレースタイルでは、力のある選手と対戦した際には、ものすごく体力を消費してしまう。

その問題をカバーし、トップを目指すためには、より前に入っていく技術と、ボレーのスキルと身に付けなければならない。

より前に、早いタイミングのテニスを覚えることで、一ポイントの時間を減らすことができるので、その分体力も温存できる。

ツアーを生き抜いていくためには、こういったテニスを覚えていく必要がある。
今回錦織選手に勝った試合では、こういったはやいテニスができていたため、勝利することができたと思っている。

はやいテニスができているので、これからさらに勝っていくことができるだろう。
さらに上のランキングを目指していってほしいと思う。

USオープンについて(追記:2019年10月16日)


(3分35秒あたりからがポイント。特に3分38秒のバックハンド。外に切れるサーブからの、時間を与えないバックハンドです)

その勢いのままUSオープンに出場した西岡選手は、一回戦をしっかりと勝ち抜いた。ファーストセットこそ落としたものの、その後の3セットは順調に取得することができた。

錦織選手に勝利したことが自信となったのか、USオープンという大舞台にもかかわらず、落ち着いてプレーしているように見えた。そのプレーのたたずまいはトップの選手に見られるプレーに等しく見えて、その背中からは負けを連想させる事はなかった。

二回戦で負けてしまったのだが、グランドスラムの大会で一回勝つ事はとてつもない影響がある。ツアーを勝ち抜いていく上で、グランドスラムの試合に一回でも勝利すれば、ポイント面でも、資金面でも変わってくる。

そのため、出場選手たちは、是が非でも勝利したがためにがむしゃらにプレーをしてくる。

多少の怪我を恐れないようなプレーをしてくるため、それを抑えて勝ちを手に入れる事はさらに至難となってくる。だが、トップに行く選手たちは、その中でも余裕を持ったプレーをしているように見える。

格下の選手たちががむしゃらなプレーでボールを引っ叩いて攻めてくる中、トップの選手たちは、落ち着いてそのボールをコースにしっかりと返球していく。

格下の選手はより無理をしなくてはいけなくなり、一発でミスをするシーンが多くなり、自滅で終わるような状況が増えて負けていく。かつては、西岡選手もそういった下位選手と同じようなプレーをしていて、同じように負ける印象だった。

だけど、今大会の西岡選手は、前大会からの調子の良さを継続して、大会に望み、トップ選手と同じようなプレーだった。調子の良さをフットワークからも感じ、これまででも優れたフットワークをしていたのだが、さらに素晴らしく、より前に入ることができ、相手選手は返すこともできないようなノータッチエースの球を決めていた。

さらには、追い込まれた状況でも、無茶苦茶な球を打つのではなくて、そんな状況でもしっかりとコースを狙っていく余裕があり、しっかりとポイントを奪っていた。

その自信を持ったプレーや、プレースメントは、フェデラー、ジョコビッチ、ナダルなどのトップ選手を彷彿とさせた。そのプレーから彼が負けるイメージを浮かべる方が難しい。

今彼のテニスのプレー、メンタルは最高の状態に近づいていると思う。アー後半に差し掛かっても怪我をすることなく、トップ選手並のプレーを展開し、さらには余裕すらも感じさせる。

このままの調子を維持し、来年のツアーも勝ち続け、トップ10入り、さらにはツアーファイナルの場に彼が立つ姿を見たい。世界トップ8の中に彼と錦織選手がいて、みんなでセルフィーを撮っている姿を見てみたいと思う。

海外の反応のニュース

[西岡、世界3位に惜敗も海外メディア称賛「とてつもないパフォーマンス」]
https://news.livedoor.com/article/detail/12808215/

[錦織を破った西岡良仁が食中毒で棄権と報道(海外テニスファンの反応)]
http://dimi.gger.jp/archives/nishioka-food-poison-2019-08-17.html

[西岡良仁、試合中にキリオスも笑った珍反応は? 海外反響「ニシオカは良い奴だ…」]
https://the-ans.jp/news/69332/

まとめ

西岡選手はまだ23歳と若く、もっともっと成長できるちゃんがある。現在順調にランキングの上げてきていて、大きな大会にストレートで出場することができる。

トップの選手と数多く戦うことで、そのテニスをよりレベルアップさせて、ゆくゆくは錦織選手を抜いて、日本の一番 の選手になってもらいたいと思う。





-DAZN, テニス

Copyright© DAZN(ダゾーン)・スポナビライブ解説ナビ , 2019 All Rights Reserved.