DAZN サッカー

2020-21シーズンのリーガ・エスパニョーラの試合はDAZN(ダゾーン)でLIVE観戦

更新日:

リーガエスパニョーラは世界最高峰のリーグで、世界で活躍する選手が多く在籍しています。日本人選手も在籍しているリーグで、今後も注目していきたいリーグの一つです。リーガエスパニョーラを放送している媒体はいくつかあるので、それらの特徴を解説して、それぞれの人に合った媒体を紹介します。

こんにちは。
私は現在DAZN(ダゾーン)を最大限に活用して毎週サッカーの試合を観戦しているサッカーマニアの松嶋俊です。

サッカーの試合の観過ぎで、睡眠不足になりがちですが、そんな私が、サッカーファンを引きつけるリーガエスパニョーラの魅力について解説します。

リーガエスパニョーラの基本情報

リーガエスパニョーラは、欧州4大リーグ(最近では、欧州5大リーグと言われている)の1つであり、世界最高峰のリーグともいわれています。FCバルセロナやレアルマドリードなど、強豪チームを筆頭に世界でも屈指のチームが揃っています。

中堅チームも力をつけていますが、バルセロナとマドリード勢の牙城を崩すことは近年ではほとんどできていません。セビージャなどの実力を持ったチームがリーグ優勝をするときが来るのかどうかは注目したいところです。

リーガエスパニョーラの概要

リーガエスパニョーラは、20チームが在籍しており、各チームがホーム&アウェイで1試合ずつ対戦し、1シーズンで38試合を消化します。下位3チーム(18~20位)は、次年度から2部リーグに降格します。

一方で、上位4チームはチャンピオンズリーグへの出場権を獲得します(2018年から出場枠の変更により、こうなりました)。また、リーグ5・6位のチームはヨーロッパリーグへの出場権を獲得します。

リーガエスパニョーラの特徴

欧州4大リーグにもなると、かなりのテクニックを持った選手が在籍していますが、その中でも、リーガエスパニョーラは世界最高峰のテクニックを持った選手が多数在籍しています。試合の随所で、個人技が光るシーンが見られます。

フィジカルが強く、激しい試合が展開されるプレミアリーグとは真逆の印象を受けます。

また、リーガ・エスパニョーラの魅力は何といっても攻撃的で美しいサッカーです。

決して攻め急がず、綺麗に美しくパスを繋ぎ、華麗にドリブルで交わしてゴールを狙います。

スペインのサッカーファンは、つまらないサッカーをして1対0で勝つくらいなら、攻撃的で面白いサッカーして4対5で負ける方がいいとさえ思っているかもしれません。

それぐらい攻撃に関しての美学が存在するリーグであると思います。

リーガエスパニョーラの現在

近年ではセビージャが上位に食い込んでくる実力をつけた来たり、バレンシアやアトレティコといった古豪のチームが再び力を発揮してきているため、より一層リーグが面白くなってきています。

また、リーガ・エスパニョーラには、みなさんご存知のメッシという世界最高・No.1サッカー選手が所属しています。しかし、昨シーズンあたりから、その輝きに陰りが見え始めます。

それも手伝ってかメッシが所属するバルセロナの昨シーズンの成績は順位こそ2位ではありましたが、その内容は決して良いものではなく、さらに、チーム内での不協和音が報じられ、キケ・セティエン監督の解任、メッシの退団報道にまで発展していきました。

結局、メッシは残留しましたが、これまでバルセロナで絶対的存在であったメッシの地位に少しずつ変化が生じてきています。

また、新監督に就任したロナルド・クーマンは厳しい規律と秩序を重んじる監督として知られています。下位のクラブや一部の若手にとっては、それがプラスに働く部分も大きいですが、世界最高のクラブであるバルセロナでこのやり方がプラスに働くのかどうかは大いに疑問になります。

もしかすると、メッシがバルセロナのユニホームを着てプレーする姿を見られるのは、2020~2021年シーズンで最後になるかもしれませんので、見逃せないシーズンになるかもしれません。

リーガで注目すべき選手5選!

①リオネル・メッシ

メッシに関しては説明不要でしょう。メッシは世界最高の選手ともいわれています。足元の上手さがすごく、FCバルセロナで多くのチャンスシーンに絡み、得点やアシストを挙げています。

②クリスティアーノ・ロナウド(2018年ユベントスへ移籍)(

 クリスティアーノ・ロナウドもメッシと同様に世界最高の選手といわれています。クリスティアーノ・ロナウドは強靭なフィジカルとスピードを活かしてゴールを量産しています。

③アントワーヌ・グリーズマン

アントワーヌ・グリーズマンは、アトレティコマドリードの点取り屋でした。彼のおかげで、アトレティコマドリードが上位にいられるといっても過言ではありません。持ち前のスピードでゴールを量産します。

現在は、FCバルセロナに移籍をしました。

④アドゥリス(2020年5月引退)

アドゥリスは37歳のストライカーです。アスレティック・ビルバオに在籍しており、現在もゴールを量産し続けています。スペイン出身者で最もリーガエスパニョーラでゴールを決めています。

⑤マルコ・アセンシオ

マルコ・アセンシオは、レアルマドリードに在籍する22歳の期待の若手で、アセンシオがゴールを決めると負けないという不敗神話があるくらい、注目度の高い選手です。

高いテクニックと、スルスルと相手を交わしていくドリブル、抜群の決定力。総合的に高い能力を兼ね備えた選手です2019~2020シーズンにポルトガルのベンフィカからリーガ・エスパニョーラのアトレティコ・マドリードに移籍してきましたが、アトレティコが求める守備での貢献やハードワークになかなか適応できず、苦しい日々を過ごしました。

しかし、シーズン終盤には、新しい戦術にも慣れ、そのポテンシャルを発揮しつつありました。さらにチームとの理解が深まった今シーズン、大ブレイクの予感がします。

追いかけていく価値のある選手だと思います。

おすすめのチーム①

 
私がオススメするチームは、アトレティコマドリードです。アトレティコマドリードはとにかく負けないチームです。何シーズン前かバルセロナの無敗に続いて、26試合を消化した時点で1敗しかしていないほど負けないチームでした。

とにかく運動量の多いチームで、チーム力を最大限に生かして勝利を手にする姿にはいるもくぎ付けになってしまいます。

おすすめのチーム②

乾選手が所属するエイバルというチームはみなさんも応援したくなるチームかもしれません。華麗なサッカーを志向するチームが多い中、エイバルは「泥臭く全員で戦って勝とう!」という雰囲気を私は感じます。

スター選手がいない分、一人の選手に依存するのではなく、全員がハードワークして、戦おうとする姿は、どこかJリーグのクラブに共通する部分があるように思えます。

スタジアムの雰囲気もどこか地域密着な感じがして、町全体でエイバルを応援している感じがとても好印象です。しかも、先日プレミアリーグのニューカッスルから武藤嘉紀選手の加入が発表されました。

乾選手との日本人コンビにぜひ注目していただきたいです。

今シーズンもリーガ・エスパニョーラから目が離せません!

リーガエスパニョーラで活躍している日本人選手

何といっても最大の注目は、マジョルカからビジャレアルに移籍した久保建英選手です。

切れ味鋭いドリブル、正確でアイデアに溢れたパスやシュートはスペイン国内で評価を急激に上げています。

また、久保選手の最大の良さは、リーガ・エスパニョーラという世界最高の舞台、スター選手が集まるリーグの中で、「自分の強みはこれだ!」と遠慮なくプレーで表現できるところです。

周りの味方がパスを要求しても、いけると思ったらシュートまで持っていく、そのシュートが外れても、何食わぬ顔で次のプレーに移ることができるメンタルの図太さは、周りとの協調を重んじる日本人にはなかなか生まれないメンタルなので、まさしく「海外向き」な選手なのではないかと思います。

その他にも、長年日本を背負って活躍してきた香川選手(レアル・サラゴサ・2部)、岡崎選手(ウエスカ)、乾選手(エイバル)柴崎選手(レガネス・2部)も変わらぬ輝きを放っているので、海外で日本人選手の活躍を観たいのであれば、ぜひリーガ・エスパニョーラがおすすめです。

リーガエスパニョールをテレビで試合、中継を視聴するには

魅力たっぷりのリーガ・エスパニョーラですが、視聴する方法としては放送しているサービスは「DAZN」「WOWOW」ですが、DAZNは毎節最大10試合、WOWOWは毎節最大5試合の中継となっていて、香川真司選手や柴崎岳選手が所属する2部の中継もDAZN・WOWOWともに現時点では未定となっています。

スマホやPCなどで手軽にリーガ・エスパニョーラを観たい方はDAZNがオススメで、自宅にBSが観られるテレビ(アンテナ)があり、高画質でラ・リーガを観たい方はWOWOWがおすすめかもしれません。

まとめ

リーガエスパニョーラは世界最高峰のリーグです。世界最高峰のリーグで、超有名選手が活躍している試合を観れば、盛り上がること間違いなしです。それぞれのニーズに合った視聴方法で、リーガエスパニョーラを最大限に楽しんでみてはどうでしょうか。

-DAZN, サッカー

Copyright© DAZN(ダゾーン)・スポナビライブ解説ナビ , 2021 All Rights Reserved.