ニュース

レスリング伊調馨選手へのパワハラ!?問題点まとめ

更新日:

レスリング伊調馨選手がパワハラを受けている、という話題が持ち上がっています。

一体、どのような問題なのか、まとめてみました。

パワハラ告発状が提出される!いったいなぜ?

ことの発端は、女子レスリング五輪4連覇の伊調馨(33)=ALSOK=が、日本レスリング協会の栄和人強化本部長(57)からパワハラを受けているとされる告発状が、内閣府に提出されたことです。

「師匠」と「弟子」との確執が、世間を騒がせています。

伊調選手と栄コーチの関係とは?

栄さんは、至学館大学(旧・中京女子大学)レスリング部の監督と、日本レスリング協会の強化本部長を兼任しています。

伊調さんにとっては栄さんは、元コーチであり、さらに協会の偉い人、という関係です。

さらなる成長を求めた伊調さんは、栄さんの元を離れ、男子のレスリング部などで練習するようになります。

それに対して、栄さんは伊調さんの練習先に圧力を掛け、練習させないようにしたのではないか?と言われています。

至学館大学長が会見!これは酷いと話題に

そんな中、至学館大学の学長が栄さん擁護の会見を行うなど、何やら泥沼の様相を呈しています。動画もありますので、ご覧ください。

「伊調さんは選手なんですか?」と発言するなど、パワハラをされた者の痛み、パワハラ行為そのものについても理解や自覚がない、と感じざるを得ないものでした。

逆に言うと、パワハラとは何かがよくわかる会見だったかもしれません。

ネットの反応

*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

どうやらレスリング界の体質が問題、という意見が多いようです。

アスリートファーストとは

ここで良く言われるのが「アスリートファースト」という言葉です。

文字通り、アスリートが先立つという意味であり、「アスリートがコーチを選ぶ」ということになります。

ですが、スポーツ界では今でも「師匠と弟子」という考えが根強いため、「コーチがアスリートを選ぶ」という関係になってしまいがちなのではないでしょうか。

まとめ

ある大学のコーチと協会のトップを兼任していたら、自分の大学の利益のために動いているのでは?と疑われるのは仕方ないかもしれません。

そんなレスリング界の体質が、パワハラの温床になっているのではないでしょうか?

コーチが偉そうにするのではなく、アスリートファースト、あくまでアスリートが主役になって行って欲しいですね!

-ニュース

Copyright© DAZN(ダゾーン)・スポナビライブ解説ナビ , 2022 All Rights Reserved.