DAZN

今、DAZN(ダゾーン)が見れない!窮地を救うトラブル対処法をご紹介

更新日:

こんにちは。
DAZNでマンチェスター・シティの試合を見ている松嶋俊です。

マンチェスター・シティの試合解説をインスタで行っていますので、よければどうぞ。


DAZN(ダゾーン)は、プロ野球やJリーグなどさまざまなプロスポーツを観戦するうえで不可欠なツールです。スマホやタブレットはもちろん、PCや家庭のテレビでも楽しめるため、生活シーンにあわせた視聴方法で楽しめます。

またサービス開始の当初に比べると格段によくなりましたが、それでもテレビ放送に比べると、配信ならではの回線トラブルやアプリの不具合は起こりがちです。

今、注目の試合が始まるところなのに!なぜ見られない?という不測の事態にもこの記事を読んでいただければ落ち着いて対応いただけるはずです。

1.テレビ視聴なら、まずは接続デバイスを確認しましょう

 

1-1.外付けのデバイスの接続

試合をじっくり見るのならばやはり大画面で、落ち着いた環境でという方が最も多いのではないでしょうか。DAZNのアプリ内蔵テレビのほか、Amazonの「Fire TV Stick」やGoogleの「Chromecast」といったデバイスの接続もしくは起動がうまくいっていないというケースはよくあります。

解決法は、HDMI端子を抜いてさし直す。これだけで直ることは非常に多いです。まずはこれを試してみましょう。
 
これでうまくいかない、アプリが起動しないというときは、一度デバイスが接続されている電源ケーブルも抜き差ししてみましょう。

デバイスには電源ON・OFFのスイッチがついていませんので、このような方法で通電し直すと、正常に動作することもあります。

1-2.フリーズとクルクル

配信系の宿命ともいえる再生が突然止まってしまう現象。読み込み中を示すように描かれる円形のシグナルは誰が呼んだか、通称「クルクル」。

ただこれもDAZNのせいではなく、通信環境のせいということがほとんどです。

自宅のWi-Fiは問題なく動作しているかを手元のスマホなどで確かめてみるのも手です。ほかの部屋で家族がYouTubeを見ていたなど、トラフィックが一時的に混雑している場合もこのような通信不良の原因になります。

もし、これらほかの通信機器の影響がとくにない場合は、別番組への切り替えを試してみましょう。

すぐ隣でやっている試合を選択して問題なく映ることを確認したら、元のお目当ての試合に再び戻してみるのです。さっきまでクルクルして真っ暗だった画面が、たったこれだけのことで快適になった経験、筆者もしています。

1-3.「要求に応えられなかった…!」という謎のメッセージ

このようなメッセージが起動時にエラーとして表示されたこともあります。なんのことだか謎ですが、このときは知らない間にDAZNに接続している機器がほかにないかを調べてみてください。

DAZNを一度に利用できるのは2台までです。ほかで2台使用している状態で、3台めとしてテレビで接続した場合にこのメッセージが出たことがあります。素直に、2台接続中ですよと言ってくれればいいのですが、それに気づくまでは大いに困りました。

テレビでもよくあるのがDAZNをつけっぱなしにした状態で、地上波やBSなどを視聴してしまうとバックグランドでDAZNに接続されたまま、ということが起こりうるのです。

2.スマホ視聴なら「一瞬、機内モード」で直ることも

スマホを使用して4G環境で視聴しているときに「クルクル」してしまう、画質が低くなってしまうのはもうこれは大容量の通信に耐え切れないからだと推測されます。

とするとやはり自宅やオフィスの外であっても、Wi-Fi環境は整えたいところです。

スマホのクルクルが長く続くようならば、上述の一瞬、別の番組に切り替えてみるのも有効ですし、アプリをいったんクローズして再起動する方法も使えます。

さらに試していただきたいのは数秒間、機内モードにして一時的に通信を遮断する方法です。

これは通信をリフレッシュする、などと言われますが、電波が届いているはずなのにうまくスマホがそれを拾ってくれないときに新たに電波を探しなおすために使われる手法です。

端末そのものを再起動することに比べるとはるかに手軽にできますので、知っておいて損はありません。

3.過去に一度だけ体験。原因が根本中の根本だったケース

それでも直らないときもありえます。機器接続をやり直した、通信のリフレッシュも行った、隣の番組はちゃんと映ることを確認した、そのうえでもう一度戻ったのに画面は黒いまま。

隣の隣の番組、そのまた隣も映るのに、なぜ目当ての試合だけ…?

よくありますが、残念ながらそれが許されないのです。スポーツの試合が次から次に消費されていくのはやや寂しいと個人的には思います。せめて1年間は視聴期間を保証してほしいところです。

そのとき、ふと何気なくTwitterを開いたらフォロワーの方も、「DAZNが見られないよ、どうなっているの」と途方に暮れた投稿をしていることに気づきます。ひょっとして、DAZNとお目当てのチーム名で検索すると・・・嘆きのツイートが次々に出てきます。

皆、見られなくて困っている声です。

そう、試合そのものの配信が滞っていたのです。このときすでにDAZNの公式Twitterでも障害が起こっていることが発表されていました。

配信がうまくいっていないのなら、どんな方法を使っても見られるはずがありません。

このときの対処法は、待つのみです。強いて言えば、こうしたSNSでリアルタイムに出される情報をチェックしておくことは有益です。

急きょYouTube上で臨時の配信が行われたときも、このTwitterを見ていなければ、配信方法の変更に気づけずにいたと思います。

たとえいら立ったとしても、電話やDMでクレームを送りつけることだけは避けたほうがいいです。それで復旧が早くなることなどありえないからです。

今回はDAZNが見られないときの対処法について、視聴方法別に解説しました。ここで紹介した手法あれこれを試さなくていいような、快適なDAZNライフが続くことを願います。その他「繋がらない」原因についてこちらにまとめていますので、合わせてご確認ください。

-DAZN
-

Copyright© DAZN(ダゾーン)・スポナビライブ解説ナビ , 2022 All Rights Reserved.