DAZN 野球

DAZNでホームの広島カープが見れない理由とは

投稿日:

こんにちは。
ダゾーン大好き松嶋俊です。

DAZNはスポーツ専門の動画配信サービスとして、多くの人に認知されて、最近では球場の入場規制や自粛により、プロ野球を視聴するためDAZNに加入する方が増えています。

しかしプロ野球配信において、DAZNは弱点を抱えていることをご存知でしょうか?今回はそんなDAZNにおけるプロ野球配信についてご紹介いたします。

1.DAZNの利用料金・視聴可能の球団



1-1.DAZNの利用料金

DAZNは月額1,925円(税込み)でプロ野球に関わらず、サッカーやバスケ、バレー、F1など多くのスポーツが視聴できます。

また一人がDAZNに加入すれば、6台までデバイスを登録することが可能です。家族や友人と月額1925円を割り勘して利用すれば、かなりお得にDAZNを楽しめます。(※同時視聴は2人までなので、ご注意ください)

詳しくはこちらをご参考にしてください。

DAZNは2台同時視聴。パソコン・スマホなど6台まで複数登録が可能!

1-2.視聴可能の球団・試合

2020年でのDAZNにおけるプロ野球放送では、広島カープを除く11球団のオープン戦の一部と主催する公式戦全試合が放送されています。

主催する公式戦というのは、ホーム試合のことです。

(例:ジャイアンツVSベイスターズ この場合のホーム試合はジャイアンツで、東京ドームで行われる試合)

また、オールスターや日本シリーズはDAZNで放送されません。(これらの試合は全国放送局である日テレ、TBS、フジテレビが放映権を取りあっている。)

2.なぜ広島カープはDAZNで放送されないのか?

 

2-1.地元局の存在

DAZNを利用するプロ野球ファンの多くの方が、この疑問を抱いているはずです。これは結論からいうと広島カープがDAZNに放映権を渡したくないからだとされています。そしてこれは同時に、地元局への配慮いう説が有力です。

その配慮はDAZNで広島カープ戦を放送することで、地元局の視聴率が悪化してしまったことが起因されています。

今でこそ多くのファンで盛り上がっている広島カープですが、数年前までは球場に空きが目立つなどの低迷期がありました。そんな中でも広島カープは地元民に支えられ、それを繋いでいたのが地元局の存在です。

その地元局の視聴率がDAZNに奪われるようなことは、広島カープとしても見過ごせなかったと考えられます。

2-2.過去にはDAZNに放映権を渡していた?

現在ではDAZNに放映権を渡していない唯一の球団である広島カープですが、2016年には横浜DeNAベイスターズと共にDAZNに契約していた過去があります(当時のDAZNでのプロ野球配信は2球団のみ)。

ただ広島カープは翌年以降、DAZNと契約することはなく、1年で主催試合の放送は終了しました。これは前述した通り、地元局の視聴率が悪化したための配慮だと思われます。

昨今のテレビに代わるネット配信を利用する人が増える中で、広島の地元局はネット配信に引けを取らない数字を残しています。

広島テレビによると、今シーズンの広島カープ開幕戦(2020年6月19日)では、広島地区で平均視聴率27.6%、最高視聴率39.6%を叩き出しました。それほどに広島カープにおける、地元局の存在は絶大なのです。

3.過去には同じ状況であった巨人、ヤクルトについて

過去には広島カープと同様にDAZNと契約していない2つの球団がありました。それが読売巨人ジャイアンツと東京ヤクルトスワローズです。

3-1.読売巨人ジャイアンツ

巨人とDAZNの交渉は2015年から行われていましたが、実際に放送されたのは2019年からです。これは日本テレビの存在が大きく、巨人はテレビ放送によって育った歴史があったからだとされています。

それでも契約に至ったのは、読売新聞のサイト上でDAZNのハイライト動画を掲載することでニュースの閲覧を促す意図があったからです。新聞業界が低迷している中で、巨人とDAZNが契約することで新聞販売の拡大を狙ったと考えられます。

また契約には巨額のマネーが動いたとされ、巨人にはメリットが大きかったそうです。

東京ヤクルトスワローズ

ヤクルトは2018年以来に復活する形で、再度2020年からDAZNと契約しました。ではなぜヤクルトは2019年のみ撤退したのか?

それは2019年にDAZNに参入した巨人の放映権にあります。2019年当時、巨人の放映権は年額25億円と報道されていましたが、同年にヤクルトが受けた放映権の提示額が年額3億円だとされています。

そしてヤクルトは、一桁も違う放映権の差に業を煮やしたことで、巨人と入れ替わる形でDAZNから撤退しました。

しかし結局はDAZNと契約することでのメリットが多かったため、2020年には復帰する形となったのです。

まとめ

広島カープ戦を見るには?

DAZNにおいて広島カープの主催試合は視聴できませんが、ビジター試合であれば広島カープ戦は視聴することが可能です。年間でも60試合は視聴可能、他のスポーツを月額1925円で楽しめるのはお得すぎるサービスになります。

どうしても広島カープを全試合見たいのであれば、「スカパー!プロ野球セット」の一択になります。こちらは広島カープを含めた、全12球団の視聴が可能で高画質・安定回線として有名です。

それと引替えに、値段が月額4,483円(税込み)と高く・視聴できるスポーツが野球のみとなります。

なのでお勧めするのであれば、

  • 広島ファン以外の野球ファン→DAZN
  • 全試合視聴した広島ファン→スカパー!プロ野球セット

となります。



-DAZN, 野球

Copyright© DAZN(ダゾーン)・スポナビライブ解説ナビ , 2022 All Rights Reserved.