DAZN キャンペーン・割引 サッカー

日本選手が多いブンデスリーガをTVで観戦する方法

更新日:

ブンデスリーガは世界最高峰のリーグで、世界で活躍する選手が多く在籍しています。日本人選手も在籍しているリーグで、今後も注目していきたいリーグの一つです。ブンデスリーガを放送している媒体はいくつかあるので、それらの特徴を解説して、それぞれの人に合った媒体を紹介します。

ブンデスリーガとは

ブンデスリーガは、ドイツのトップリーグで、欧州5大リーグの一つです。世界の各国代表クラスの選手が多く在籍しており、毎年かなりハイレベルな試合が数多く行われています。絶対王者バイエルンミュンヘンの牙城を崩せるチームがなかなか現れていないのが現状です。

ひと昔前のボルシア・ドルトムントの勢いは陰りを見せています。一方で、ホッフェンハイムやRBライプツィヒなど、新興勢力の活躍にも注目です。

ブンデスリーガの概要

ブンデスリーガは、18チームが在籍しており、各チームがホーム&アウェイで1試合ずつ対戦し、1シーズンで34試合を消化します。下位2チーム(17・18位)は、次年度から2部リーグに降格します。

また、16位のチームは、2部リーグ3位と入れ替え戦を行います。一方で、上位4チームはチャンピオンズリーグへの出場権を獲得します(2018年から出場枠の変更により、こうなりました)。

また、リーグ5・6位のチームはヨーロッパリーグへの出場権を獲得します。また、1~6位がDFB杯に優勝した場合は、7位のチームがヨーロッパリーグの予選から参加できます。

ブンデスリーガはハードワークが魅力

ブンデスリーガには、昔からゲーゲンプレッシングという特徴的なプレスが存在します。ゲーゲンプレッシングは、攻勢を仕掛ける相手に対し、強いプレスをかけてボールを奪い、前がかりになった相手に対してカウンターを仕掛けるプレースタイルです。

そのため、攻守の切り替えが早く、目まぐるしい試合展開が期待されます。ひと時も目が離せないリーグと言えるでしょう。

ブンデスリーガで注目すべき選手5選!

①コランタン・トリッソ
フランス代表のMFで、バイエルンミュンヘンに所属しています。まだ、23歳の若手ですが、今後の活躍に非常に期待されています。

②クリスチャン・プリシッチ

プリシッチは、ドルトムントに所属しているアメリカ代表のMFで、香川真司の同僚です。現在19歳ですが、スピードには定評があり、今後の伸びしろにも期待されています。

③ナビ・ケイタ

RBライプツィヒに所属する、ギニア代表のMFです。プレミアリーグのリバプールも興味を示しており、今後の動向にも注目です。

④トルガン・アザール

トルガン・アザールは、チェルシーのスター選手エデン・アザールの弟です。ベルギー代表にも選出されており、今後の活躍にも期待されています。

⑤ロベルト・レバンドフスキ

バイエルンミュンヘンのストライカーです。高い身体能力を活かしてゴールを量産しています。ポーランド代表で、ワールドカップでは日本とも対戦するので、注目しておきたいところです。

また、私的におすすめのチームはRBライプツィヒです。ただの金満クラブと思われがちですが、補強のコンセプトやチーム内の規律がしっかりとしています。ブンデスリーガ昇格1年目で2位という輝かしい成績を残しました。

コンスタントに上位にいられ続けるかが今後の注目ポイントです。

ブンデスリーガで活躍している日本人選手と状況

ブンデスリーガでは、フランクフルトで長谷部誠がチームの守備の要として活躍しており、現在負傷中ですが、シュテーガー監督のもと復活を果たした香川真司からも目が離せません。

ハンブルガーSVでは、酒井高徳が主将としてチームを牽引しており、ケルンでも降格を免れるために大迫勇也が奮闘しています。

現在の順位・得点ランキング、最新結果

現在、首位はバイエルンミュンヘンで、2位のシャルケとは勝ち点20の差をつけています。そして、CL圏内には、3位ボルシア・ドルトムント、4位フランクフルトと、日本人選手の所属するチームが続いています。

また、酒井高徳の所属するハンブルガーSVは17位、大迫勇也の所属するケルンは18位とともに降格圏に沈んでいます。得点ランキングはレバンドフスキが20得点で大きくリードしています。最新結果は以下のURLから見ることが可能です。
参照サイト

ブンデスリーガの試合日程

ブンデスリーガの日程は、下記のURLからチェックが可能です。CL出場権をかけた戦いからは今後も目が離せません。
参照サイト

テレビで試合、中継を視聴するには

ブンデスリーガの試合は以下の媒体で視聴することが可能です。

①DAZN
DAZNの強みは、ブンデスリーガの試合を全試合放送してくれるところです。コアなファンにはたまらないと思います。また、見逃し配信やハイライトなどもしっかりと用意されており、忙しい人でも空いた時間に観戦できます。他の媒体に比べて料金も安いです。一時は、ネットの通信状況が悪いといわれていましたが、今は改善されているようです。

話題のDAZNはブンデスリーガ全試合視聴可能!

加入から1か月は月額料金が無料となっていて、1ヶ月の無料期間中に退会した場合は、一切料金がかかりません。

ドイツサッカーを好きなだけみたい!
好きな時に見たい!
サッカーが詳しくなりたい!

そんな方は、DAZN(ダゾーン)はおすすめです。

②スカパー・WOWOW
スカパーとWOWOWの強みは、録画ができるということです。DAZNにも録画配信はありますが、ずっと見られるわけではありません。

同じ試合を繰り返し見たい人にはおすすめです。また、TVで視聴するので、非常に安定したきれいな映像を見ることが出来ます。さらに、サッカー以外のドラマなども視聴できるのも強みの一つです。その代わり、料金は少し高めに設定されています。

③ニコニコ生放送
 ニコニコ生放送の最大の強みは、無料であるということです。無料であるため、画質が悪いこともあり、見たい試合も放送されない可能性があります。登録も簡単なので、気軽に利用できることが、ニコニコ生放送の強みです。

まとめ

https://www.pinterest.jp/pin/476185360590841072/

ブンデスリーガは、日本人選手も在籍しているリーグです。今後もトップレベルの試合が展開されることは間違いないので、各媒体を活用して観戦してみてください。

人気のスポーツ配信サービスはこれだ!比較表





-
DAZN(ダゾーン) スポナビライブ スカパー WOWOW
月額費用 1750円 1480円 基本料421円+チャンネルパック料金
ex.プロ野球セット3980円
ex.サッカーセット2980円
2300円
割引サービスの有無 月額980円(ドコモユーザーのみ) 月額980円(ソフトバンクユーザーのみ) 申し込み加入月0円 申し込み加入月0円
画質は? ネット環境による。 4段階(フルHD、高画質、標準画質、低画質) テレビ視聴と同等 テレビ視聴と同等
録画はできる? できない。 できない。 できる。 できる
(1回限り録画ができるコピーワンス制御あり)
視聴可能な端末 テレビ、パソコン、スマートフォン、
ゲーム機(PlayStation,Xbox)
テレビ、パソコン、スマートフォン テレビ、パソコン、スマートフォン テレビ、パソコン、スマートフォン
通信量(1時間あたり) 端末による。スマホだと610MB 高画質:1.7GB標準:600MB低画質:200MB - -
アカウント共有は? 6つの端末まで登録可能。 できない。 できない。 できない。
同時で別の動画視聴は? 同時に2つの端末で視聴可能。 同時に4つの端末で視聴可能。(ただしイングランド・プレミアリーグは2つまで) できない
※4月までの期間限定で1台分の料金で3台のテレビで見れる
できない。
お試し期間は? 会員登録から一か月無料 - 二週間 なし。無料放送はあり。
解約手続きの難易度は? 簡単。ログイン後、
マイアカウントから退会
※サービス終了まで無料なので解約する必要はありません 簡単。
電話連絡orMyスカパー!ログイン後解約手続き
簡単。
電話連絡orWOWOW WEB会員ログイン後解約手続き
加入方法の難易度は? 簡単。アカウント作成後、支払い方法を選択すればOK ※スポナビライブは2018年2月13日をもって受付終了、2018年5月31日をもってサービス終了になります。 難しい。B-CASカードの番号入力とCS放送を受信できる環境が必要(アンテナ、CS対応テレビかレコーダー) 普通。B-CASカードの番号入力とBS放送が視聴できる環境が必要
視聴可能なコンテンツは? 主にスポーツコンテンツ。
日本プロ野球(巨人以外)、Jリーグ(独占中継)、海外サッカーなど
主にスポーツコンテンツ。
日本プロ野球、海外サッカー、バスケットボール(Bリーグなど)
加入するチャンネルパックによる。
基本パックは11ジャンル47チャンネル
映画、スポーツ、ドラマなど様々な番組を視聴できる
サイト

-DAZN, キャンペーン・割引, サッカー

Copyright© DAZN(ダゾーン)・スポナビライブ解説ナビ , 2021 All Rights Reserved.