DAZN

【簡単解説】DAZN(ダゾーン)を登録・申し込みする方法を紹介!

投稿日:

スポーツの配信に特化したチャンネルは過去にもありましたが、ネットストリーミングを大々的に使用して配信するものとしてはシェアを拡げつつあるDAZN。

ライブ中継はもちろんのこと、過去の試合もチェックできるため、スポーツ観戦が趣味の方には最高のチャンネルと言えるでしょう。

メインとなるサッカーもプレミアリーグといった国外のものにはじまり、Jリーグもその範疇。
更には他のスポーツも配信対象になっています。

今回はDAZNに登録するために必要なもの、そして登録の過程をご紹介。
登録と、月額料金の決済なども含めて書きましたので、お好みの条件でDAZNを使えるかどうか、今回でご検討してみてはいかがでしょうか。

DAZNは、唯一、Jリーグ全試合を生中継しています。
プレミアやリーガ、セリエAなどの欧州5大リーグも全試合生中継している、サッカー好きには最高のサービスです。

月額は1750円で、加入から1か月は月額料金が無料となっていて、1ヶ月の無料期間中に退会した場合は、一切料金がかかりません。

サッカー以外にも、プロ野球やバスケなど豊富なスポーツ配信があるので、ぜひ一度登録してみてください!

DAZNの登録方法は「【簡単解説】DAZN(ダゾーン)を登録・申し込みする方法を紹介!」を参考にしてください。

DAZN(ダゾーン)の登録方法を紹介

それでは、DAZNの登録方法をスクリーンショットを使って分かりやすく紹介していきます。

DAZNの公式サイトへアクセス

まずは、DAZN公式サイトのアカウント作成ページにアクセスして下さい。

DAZNの登録方法は「【簡単解説】DAZN(ダゾーン)を登録・申し込みする方法を紹介!」を参考にしてください。

その後、「1ヶ月無料!かんたん新規申し込み」をタップしてください。

アカウントの作成

姓名、メールアドレス、パスワードを設定します。

お支払い情報を登録

その後、カードの番号を登録します。

登録完了

以下の画面が確認できたら、DAZNへの登録は完了しました。

その後、App Storeで「DAZN」と検索し、アプリをインストールしてください。

インストールが終了したら、アプリを開いてサインインして終了です。
そこからは、DAZNを堪能してください。

DAZN(ダゾーン)登録の際の注意点

DAZNを登録する際と、その後について、注意点をいくつか紹介させていただきます。

アカウント名とパスワード、メールアドレスは忘れずに

登録が簡単でも入力した情報を忘れてしまうと後々ログインできなくなることもあります。
ちゃんとメモするなり保存しておきましょう。

特に端末別にアクセスする時はパスワードなどを求められがちです。
パソコン、スマートフォン、タブレットなど多彩な端末で視聴したい方は気を付けてください。

また、DAZNを家で見る端末としてamazonのスマートテレビ、マイクロソフトの『XBOX One』のようなゲーム機も対応しています。
今後も同じ条件のものが増えていくと予想されており、こちらを持っておくと、より鮮明で大きな画像でスポーツ観戦が味わえるでしょう。

テレビなどの大きい画面でDAZNを視聴したい方は、「DAZN(ダゾーン)をテレビで視聴する方法とは?8つの視聴方法を紹介!」を参考にしてください。

クッキーでパスワードなどを自動に保存するのは珍しくありませんが、別アカウントのログインが必要になると全てのブラウザで記憶されるわけではなくなるので、別端末利用時に向けて、必ずメモしておきましょう。

支払いはクレジットカードが必須

DAZNは月額制の配信チャンネルで、利用料金はクレジットカードまたはデビットカードでの決済になります。(docomoユーザーを除く)
よって、最初の登録時に支払いを行なうカードを準備しましょう。

クレジットカードは使用限度額を超えたタイミングとDAZN使用料の引き落としが重なってしまうと機能しなくなるため、決済に不備が出ないようにしておきましょう。
引き落としの失敗が続くとそのまま自動で解約されたりすることもあります。

デビットカードは口座内にある金額を利用料金分確保しておきましょう。
こちらも残高不足で引き落としの失敗が続くとサービスの利用ができなくなります。

他のサービスの中にはコンビニ決済ができるものもありますが、DAZNは対応しておりません。
同じような配信サービスの決済のためだけのカードを作っておくと後々楽ですので、審査が緩いデビットカードを改めて用意するという人も多いようです。


DAZN for docomo

docomoユーザーの特典として、月々の利用料が割安のDAZN for docomoがあります。

通常の利用料が月額1750円であることに対して、for docomoは980円。
docomoユーザーにとってはインターネットや動画サイトを閲覧するついでとして、気軽に登録できるサービスと言えます。

更に支払いが携帯電話サービスの使用料とまとめて行なえるため、登録内容によってはカードがなしでも支払えます。
これはあくまでdocomoユーザーに限った場合ですので、まとめての支払いを考えている場合は決済の方法を電話会社に確認してみましょう。

携帯端末で視聴する時に気になるのが回線速度と通信料制限。
映像ゆえにかなりの容量を食うわけですが、自宅の光回線及びWiFiを介しての視聴なら安心です。

DAZNの通信料について詳しく知りたい方は、「DAZNの通信料はどれくらい?通信量を抑える方法とは?」を参考にしてください。

外での視聴はキャリアの回線を使うことになりがちなので、通信料の残りに注意しましょう。
WiFiのある施設で視聴するように心がけるなど、携帯キャリアユーザーは登録時に自分のネット利用ペースを振り返ることをおすすめします。


1ヵ月の無料使用期間があるため、サービスが自分に合うかどうかを確かめてから登録できるのは安心です。
端末の通信速度や動画自体を見る頻度など、生活の上での使用頻度をよくチェックしてみましょう。

ある試合を見るために1ヵ月だけ無料で入会するつもりが、魅力的なチャンネルの多さにそのまま続けてしまう人も多いDAZN。
過去の試合を遡るだけでもかなり楽しめるほか、今まで興味のなかったスポーツの虜にもなること間違いなしです。

DAZNの登録方法は「【簡単解説】DAZN(ダゾーン)を登録・申し込みする方法を紹介!」を参考にしてください。

-DAZN

Copyright© DAZN(ダゾーン)・スポナビライブ解説ナビ , 2018 All Rights Reserved.