DAZN キャンペーン・割引

DAZNの通信量は1時間2GB。通信量を抑える方法を解説

更新日:

こんにちは。DAZNでいつもマンチェスター・シティの試合を見ている松嶋俊です。

日々Instagramにて試合のキーポイントを解説しています。

こんな感じです。
https://www.instagram.com/sportjoy01/?hl=ja

月額数千円でサッカーを中心に多彩なスポーツが試聴できるので、かなり重宝しています。

見ても見ても消費し尽くせない量のラインナップだけに、試聴時間も増えてしまうのは必然ですね。どうしても通信量だって比例して増していくでしょう。

今回は、DAZNの通信量と料金を比較して、試聴の方法の幅を広げてみたいと思います。念頭に置きたいのは、動画サイトと違ってスポーツの試合はある程度の長丁場であること。

サッカーは90分がデフォルト、延長を考慮すると120分にまで達するので、連続で視聴するとあっという間に通信制限がかかってしまいます。それをどう対応すればいいのか、詳しく紹介していきます。

1.DAZN(ダゾーン)は、画質によって通信量は変わります

DAZNは、「通常」と「HD」から画質を選択できます。

他のチャンネルサービスと比べると、やや速めの速度が求められる傾向にあり、720pの通常画質は5.0Mbpsから6.0、1080pのHD画質はその二倍近い9.0Mbpsから上が目安となっています。

※「Mbps」とは、通信速度の単位。

それ故に通信量は多くなるため、回線が弱いと試聴に支障をきたすこともしばしば。

2.データ通信量はどれだけかかってしまうのか?

実際にDAZNのコンテンツを視聴した時に、通信量はどれだけかかってしまうのでしょうか。WiFiと4G回線でそれぞれ見ていきます。

・WiFi(1時間あたり)

WiFi環境でDAZNを視聴した場合、デフォルトの高画質設定だと1時間に約2GBの通信量がかかってしまいます。通信量が無制限の光回線などであれば問題はありませんが、日々の通信量が制限されているモバイルWiFiなどだとかなりの負担になってしまいますね。

・4G(1時間あたり)

4G回線でもデフォルトの高画質設定だとWiFi環境と同様、1時間に約2GBの通信量がかかってしまいます。月に制限なく使用できる通信量が3GBという場合も多いので、かなり厳しいですね。

3.スポーツ毎で通信量をわかりやすく解説

「1時間あたり●●GBで・・・」と言われても実際のスポーツで例えないと分からないという方に、ここではサッカー、野球、バスケットボール、テニス、ボクシングの各スポーツを1試合まるごと見たら、どれほどの通信量がかかるのか解説していきます。

高画質設定の場合、スポーツによって時間あたりの通信量は変わらないので、単純に1試合にかかる時間によって通信量が決まることになります。試合時間が短い競技順にまとめていきます。

  • ボクシング:約1時間 通信量2GB程度
  • サッカー:約2時間 通信量4GB程度
  • バスケットボール:約2時間半 通信量5GB程度
  • テニス:約3時間 通信量6GB程度
  • 野球:約3時間半 通信量7GB程度

目安としてはこのような形になります。ただし、テニスと野球に関してはあらかじめ試合時間が決まっていないため、場合によっては1試合に5時間かかる場合もあります。

その分通信量も大きくなってしまうため、注意が必要です。

4.デバイス毎では、何か違いがあるか

DAZN(ダゾーン)では、デバイス毎による通信量の差は基本的にはありません。しかし、通信量を節約できるデータセーブ機能がアプリでしか使用できないため、画質を変更する場合はIOSかAndroidの端末が必要です。

5.節約するには?

DAZNの通信量を節約するための一番の方法が、DAZNの設定にあるデータセーブ機能というものです。これは通信量を従来の7分の1に節約するというモードで、4G回線でもWiFi環境でも使用することができます。

実際にこのモードを使用して通信量を計測したところ、1時間に400MB程の通信量での視聴ができました。

DAZNは任意に画質を下げる機能が無いため、通信量を節約したい場合はデータセーブ機能を利用するか、何らかの方法で回線の速度を落とす必要があるでしょう。

6.データセーブ機能を使い通信量を落とすことで画質は変わるのか?

データセーブ機能を使用すると、画質はかなり変化します。


   
左がデータセーブ機能利用時の画質、右が通常の画質です。

「う~ん」

という印象ですね。顔の写り方がかなり違うのが分かると思います。本来綺麗な画質で尚且大画面で見ることで臨場感が出て面白いのですが、データセーブ機能で通信量を落とすと本末転倒という印象を受けました。

それでも、通信量がという方でもデータセーブ機能を使いつずけても通信制限を設けている契約をキャリアと交わしている場合はすぐに上限を満たしてしまうでしょう。

普及している格安SIMと呼ばれるサービスは通信量の上限や普段の速度が控えめということもあり、視聴は難しいという声も多いです。

クーポンを使うなど、通信料を大幅に増やすサービスもありますが、あくまで一時的なもの。
長時間の視聴はやはり難しいでしょう。

光回線を引いている環境ならば視聴は特に問題ありませんが、多くのユーザーがスマートフォンということもあり、WiFi経由で接続できる環境を用意しておく必要があります。どの光回線が良いのかについては、こちらの記事でまとめています。

DAZN(ダゾーン)の「くるくる」して映像が止まるのは、WIFIを見直すことで解消!

どうしても見たい試合が自宅以外の通勤時、外出先のタイミングであるときは、モバイルWi-Fiを契約するもの一つの方法ですが、快適に視聴できる一つの指標の帯域幅が狭いため画質が乱れたり、アクセスが集中したときに頻繁にくるくる状態になる場合があります。

モバイルワイファイについては、こちらの記事でより具体的にまとめています。興味があれば覗いてみてください。

モバイルワイファイはDAZN視聴に向いていない?メリットとデメリットを解説

7.管理人おすすめ方法~キャリアの格安プランを使う(追記:2021/7/21)

スマホの利用料が気になる場合、キャリアが展開する格安プランを使用するのも選択肢です。

※1:5分間の通話し放題付き(取り外し不可)
※値段はすべて税込です。

キャリアの格安プランを使ってDAZNを見るなら、auのpovoがベストなサービスと言えます。povoには「データ使い放題24時間」のオプションがあるからです。

7-1.povoにはデータ使い放題24時間がある


povo
povoオンラインサイト

povoのデータ使い放題24時間とは、利用すると24時間はデータ容量の消費がカウントされないトッピングサービスです。

例えば4月1日の17時にデータ使い放題24時間を申し込むと、4月2日の17時までデータ容量の消費がカウントされません。

引用元:povo

povoのデータ使い放題24時間は、以下の状況で活躍します。

  1. データ容量を気にせずWi-FiなしでDAZNを視聴したいとき
  2. 通信制限を受けているけどWi-Fiがない場所でDAZNを視聴したいとき

povoではデータ使い放題24時間を1回220円(税込)で利用できます。

従来のプランでは通信制限を受けたときに550円(税込)で1GBを購入しないと速度をもとに戻せないことを考えると、1回220円(税込)でデータ使い放題24時間が使えるのはお得です。

7-2.ahamoとLINEMOには使い放題オプションがない

ahamoとLINEMOにはpovoのような使い放題オプションがなく、どうしても毎月利用できるデータ容量は20GBまでと限られます。

通信制限を受けたときは、1GBを追加購入して速度を通常の状態に戻せます。しかし、ahamoとLINEMOでは1GBを追加購入することに550円(税込)の追加料金を負担しなければいけません。

先ほど「データ通信量はどれだけかかってしまうのか?」の項目でご説明した通り、DAZNの視聴では1時間に約2GBのデータ容量を消費します。

この点を考えると、1回220円でデータ使い放題24時間が使えるpovoは他の格安プランよりDAZNの視聴に適したサービスだと言えるでしょう。

povoについて詳しく知りたい場合はこちら ⇒ https://povo.au.com/

8.よくある質問(追記:2月25日)

●daznについて、携帯とテレビ(amazon fire stick)で見ています。 どちらも同じwi-fi(最大1Gbps)を使っていますが、携帯で見るときだけ映像、音声ともにカクカクのなってしまいます。 何か携帯でのせっていがおかしいのでしょうか?

A:今回の場合、同じWifiを使っているということで、おそらく、携帯の性能の問題かと思われます。設定ではどうにもならないと思いますので、動画視聴に適した携帯を買い換えることをお勧めします。

もし、このまま見たいのであれば、DAZNの設定からデータセーブ機能というものをオンにして、配信される画質を落とすことで、スムーズに視聴できるようになると思います。

●ディスプレイモニターを買ってDAZNやYoutubeを視聴したいのですが、他に何を購入したらよろしいでしょうか?とんでもなく無知な状態で質問をしてしまい申し訳ございません。どなたか詳しい方いらっしゃいましたら教えて頂けないでしょうかm(__)m※プレステ4は持っています。

A:プレステ4を持っているということであるので、HDMIケーブルを使いテレビと接続できていることと思います。そうであれば、まずプレステ4の中にある「PlayStation Store」でDAZNのアプリをダウンロードします。それから、DAZNアプリを起動し、契約を開始すれば、すぐにでも見ることができます。

その他のDAZNの通信量についてのFAQ

9.まとめ

DAZNを筆頭に、テレビ番組や映画の配給を行なうサービスは増える一方です。

動画サイトの普及が始まったころくらいから、各キャリアも通信量に関しては多くのバリエーションを持たせてのプラン展開が目立ちますが、多くの動画が1時間で5GBを超えるような環境なので、通信制限とはどうしても向き合わねばなりません。

3日間で10GBまでという制限では、サッカーだと1試合、多くて2試合が限度。間隔を空けて通信量をリセットしつつ視聴するなど、テレビのようにつけっぱなしが出来ないということをまずは意識しましょう。

逆にご家庭での光回線など、無制限に近い通信量が得られる環境では、HD画質でも見放題にしやすいため、あえて家でだけ見るというスタイルも有効です。

外出先ではWiFiを、家では光回線をと、動画サイトのように日常的に見るよりは、特別な時間を設けて使うのが、現状DAZNの良い付き合い方と言えるでしょう。

光回線でも帯域幅によっては、アクセスが集中することでくるくる状態になる場合がありますので、帯域幅の広い光回線にしましょう。

そのあたり詳しくまとめた記事がありますので、合わせてご確認ください。

DAZN(ダゾーン)の「くるくる」して映像が止まるのは、WIFIを見直すことで解消!



-DAZN, キャンペーン・割引

Copyright© DAZN(ダゾーン)・スポナビライブ解説ナビ , 2021 All Rights Reserved.