DAZN

楽天モバイルのUN-LIMIT ⅣはDAZNに打って付け|プラン内容を徹底解説!

投稿日:

こんにちは。
ダゾーン大好き松嶋俊です。

携帯電話会社が今まで提供していたプランには利用できるデータ容量に上限にあり、DAZNを視聴するとすぐ通信制限を受けてしまいました。

楽天モバイルが展開するUN-LIMIT Ⅳはそんなデメリットを解消したプランで、DAZNの視聴に打って付けのプランとなっています。注目するべきは低料金でデータが使い放題である点で、テザリングでも条件は変わりません。

そこで、この記事ではDAZNユーザー目線で、楽天モバイルが展開するUN-LIMIT Ⅳがどんなプランなのかを解説します。データ容量を気にせずにDAZNを視聴したい人は必見です。

1.楽天モバイルのUN-LIMIT Ⅳとは

楽天モバイルが展開しているUN-LIMET Ⅳには、以下2つの特徴があります。

  • 月額2,980円でデータ使い放題
  • テザリングでもデータ無制限
  • あまり使わない月は利用料金が安くなる

DAZNユーザーに注目してほしいのは月額2,980円でデータ無制限という点と、テザリングでも条件が変わらないところです。

楽天モバイルのUN-LIMIT Ⅳの特徴をご紹介します。

1-1.月額2,980円でデータ使い放題

楽天モバイルのUN-LIMIT Ⅳでは月額2,980円でデータ使い放題、つまりインターネットが使い放題です。ソフトバンクやauもデータ無制限プランを発表していますが、楽天モバイルのUN-LIMIT Ⅳは料金の安さでかなりの差を付けています。

楽天モバイル料金比較

楽天モバイルのUN-LIMIT Ⅳは完全にデータが無制限で、WiMAXのようなネットの使いすぎによる一時的な速度制限もありません。

そのため、膨大にデータ量を消費するDAZNのユーザー目線になると、楽天モバイルのUN-LIMIT Ⅳはもっともお得で使い勝手が良いプランと言えます。

1-2.テザリングでの利用もデータ無制限

ソフトバンクやauの無制限プランではテザリングのデータ利用量が毎月30GBまでと限られていて、これがスマホ以外の端末でDAZNを見るときの制約になります。

楽天モバイルのUN-LIMIT Ⅳでは、テザリングで利用する場合もデータ無制限になります。テザリングは無料で利用できるので、料金が高くなる心配もありません。

楽天モバイルテザリングデータ容量

楽天モバイルのUN-LIMIT Ⅳを利用すれば、スマホ以外の端末からでもデータ量を気にせずにDAZNを視聴できるので検討する価値は大いにあります。

1-3.あまり使わない月は利用料金が安くなる

楽天モバイルのUN-LIMIT Ⅳには、利用量に応じて料金が決まるメリットもあります。

1ヶ月に利用した料金が20GBを下回ると、月額料金が1,980円以下になります。1GBを下回ると、なんと0円です(2回線目以降は0GB~3GBの利用は月額980円になります)。

例えば、見たいスポーツの試合がないオフシーズンに入ってDAZNを使用しなくなると、データ利用量が少なくなりスマホの料金が安くなったりします。

『プロ野球だけ見ている』・『サッカーだけ見ている』といったDAZNユーザーにとって、UN-LIMIT Ⅳの料金設定はとても良心的と言えるでしょう。

2.楽天モバイルのUN-LIMIT Ⅳの注意点

楽天モバイルのUN-LIMIT Ⅳには、以下2つの注意点があります。

  • データ無制限は楽天モバイル回線エリアのみ
  • パートナー回線エリアエリアで5GB以上を利用すると通信速度

楽天モバイルは自社回線とパートナー回線を用いているので、利用する場所によって条件が変わってきます。

2-1.データ無制限は楽天モバイル回線エリアのみ

データ容量が無制限であるところは、DAZNユーザーにとって大きな魅力です。しかし、データ無制限になるのは、あくまで楽天モバイル回線の提供エリアのみに限られます。パートナー回線を利用するエリアでは、データ容量が無制限にならないので注意が必要です。

楽天エリア回線とパートナー回線の提供エリアは、楽天モバイルの公式サイトで確認できます。

楽天モバイル 通信・エリアページ
https://network.mobile.rakuten.co.jp/area/

2-2.パートナー回線エリアで5GB以上利用すると速度制限が

パートナー回線エリアで利用できるデータ容量は、毎月5GBまでと限られています。パートナー回線エリアで5GBを利用すると通信制限がかかり、月末まで通信速度が最大1Mbpsに落とされます。

最大通信速度が1Mbpsになると、DAZNの映像は再生できません。DAZNを視聴するには、最低でも8Mbpsの速度が必要だからです。標準画質で見る場合でも、2Mbpsは出ないといけません。

そのため、DAZNを利用する場所が楽天モバイル回線エリアなのかをチェックしておきましょう。

なお、パートナー回線エリアで5GBを使って速度制限を受けた状態でも、楽天モバイル回線エリアにいると通常の速度でネットを利用できます。

3.楽天モバイルの通信速度

楽天モバイルは後発のキャリアでして、決して通信速度は遅くありません。通信速度の計測サイトや口コミの情報を見ても、充分にDAZNを視聴できる水準となっています。

3-1.理論値は最大400Mbps

楽天モバイルにはBand3の周波数帯が割り当てられていて、最大通信速度は400Mbpsとなっています。400Mbpsはあくまで理論上の数値で、必ずこの速度が出るわけではありません。

とはいっても、楽天モバイルは実効速度の評価が悪くなく、DAZNの視聴に適したサービスと言えます。

3-2.実効速度はDAZNを快適に見られる品質

各回線の通信速度測定値を集計している『みんなの回線速度』や口コミの情報をもとにすると、楽天モバイルの回線品質は悪くないことがわかります。

みんなの回線速度での平均実効速度を他社と比較すると劣った印象こそ受けますが、DAZNの視聴は不便なくできる数値です。

平均実効速度

SNS上での口コミも調査しましたが、低速になるとの声はなく、快適にネットができると好評です。

https://twitter.com/mizutakecom/status/1355313382887329802

https://twitter.com/dq10_syu/status/1356894373934366721

以上の情報を踏まえると、楽天モバイルは低料金でデータ容量を気にせず、そのうえ快適にDAZNを視聴できるサービスと言えるでしょう。

4.まとめ

この記事ではDAZNユーザー目線で、楽天モバイルのUN-LIMIT Ⅳのサービス内容を解説しました。

楽天モバイルのUN-LIMIT Ⅳでは、データ無制限でインターネットを利用できます。さらにテザリングで利用した場合も条件は変わらず、データ無制限のままです。

他のキャリアの無制限プランでは、テザリングでの利用が毎月30GBまでと制限されています。楽天モバイルのUN-LIMIT Ⅳはあらゆるデバイスでデータ容量を気にせずDAZNを視聴できる唯一のサービスになります。

ただし、データ無制限になるのは楽天モバイル回線の提供エリアという点に注意しなければいけません。パートナー回線エリアでは5GBを利用すると、通信速度が1Mbpsになるので注意してください。

通信速度の速さは申し分なく、快適にDAZNの映像を再生できるので安心です。





楽天モバイルセール情報

-DAZN

Copyright© DAZN(ダゾーン)・スポナビライブ解説ナビ , 2021 All Rights Reserved.