DAZN サッカー

「スーパーサッカー」放送終了の真相とは?加藤浩次はやべっち同様に移籍するのか

投稿日:

こんにちは。
ダゾーン大好き松嶋俊です。


93年のJリーグ開幕の年に放送開始となったTBS系「スーパーサッカー」が放送終了となることが発表されました。

常にサッカーファンに支持されてきた長寿番組だけに、ファンの間でのショックは大きかったようです。昨年には同じく長年にわたって地上波でJリーグの様子を放送していた「やべっちFC」が幕を下ろしたばかり。

いったいなぜ、立て続けに、サッカーの情報番組が姿を消しているのでしょう。その真相、さらに長年「スーパーサッカー」のMCを務めていた加藤浩次さんは一体どうなるのか、大胆予想します。

1.相次ぐサッカー番組の終了は「危機」なのか

スーパーサッカーと言えば、93年のJリーグ開幕当初から放送されてきた、Jリーグファンには欠かせない番組です。

こちらでも歴史が紹介されていますが、93年の「ネスレ・スーパーサッカーJリーグエクスプレス」に始まり、次々に人気者を輩出していきました。

生島ヒロシ、西田ひかる、ビートたけし(VTR出演)に始まり、その後男性MCは徳永英明、加藤浩次という異色のMCを生み出し、女性陣では三井ゆり、白石美帆、加藤未央といった名前を聞くと懐かしい!と思う方も多いのではないでしょうか。(そう思う方は、30~40代以上確定ですね)

昨年秋には、テレビ朝日系の「やべっちFC」が放送終了したのに続いて、サッカー情報番組が過渡期を迎えているのはなぜでしょうか。国内サッカーの人気が低下したという指摘や、サッカー文化が絶滅したなどという悲観的な見方は、正しいのでしょうか。私にはピンと来ません。

2.興味の多様化、選択肢が増える中で

このように地上波での番組放送が終了となる原因は「サッカーの人気の問題」ではなく、メディアの構造の変化が大きいと考えるからです。

テレビの地上波しかなかった時代と比べて、今は有料放送やインターネットによる多チャンネル化が進行しています。一昔前では巨人戦はほぼ毎晩、全試合が地上波で中継されたものでした。

視聴率が低下したことで、衛星放送、有料放送へとプラットフォームが変化していったわけですが、これだけチャンネル=選択肢が増えれば分散化するのは当然のことです。人々の趣味や興味が多様化はどんどん進行していると言われます。

無料で多くの人に「最大公約数」的な情報を届けるのが地上波の役割だとすれば、サッカーだけを取り上げる番組はマニアックだということになるでしょう。たしかに地上波の放送がなくなれば、従来サッカーに関心の薄い方に対しての訴求機会が失われますから、好ましいこととは言えません。

しかし時代の流れから言えば、やむを得ないことであり、新たなファンの獲得はSNSやYouTubeなどに活路を見出していくべきではないでしょうか。

3.しっかり情報収集したい人はDAZNとYouTubeを利用する

試合の配信以外でも、サッカー好きが満足するコンテンツがDAZNでは多数配信されています。やべっちFCの後継である「やべっちスタジアム」のほか、「内田篤人のFOOTBALL TIME」はウッチーこと内田篤人のトークが満喫できます。

独自の戦術分析は大変勉強になります。名物番組となった「Jリーグジャッジリプレイ」は、ルール解釈の理解が深まる上に、審判が試合中に何を考えているのかも学べるのも試合観戦の厚みが増すというメリットがあります。

クラブごとの「イヤーDVD」、毎節のリーグ戦直前に配信される「プレビューショー」など、多彩! コアなファンが十分満足できる内容になっています。

YouTubeには、Jリーグ公式チャンネルをはじめ、専門媒体、著名な解説者やYouTuberが配信しているものが充実しています。これらを使えば、地上波の情報番組よりははるかに量も多く、質的にも深い情報が得られますので、番組がなくなる損失はないと言えるでしょう。

4.加藤浩次、DAZN「移籍」の噂とは…

スーパーサッカーのメインMCを長く務めていたのは、「スッキリ」で朝の顔にもなっている極楽とんぼの加藤浩次さん。トークは面白いし、Jリーグはじめサッカー選手に対するリスペクトもあって、個人的にも良い印象を持っていました。

このような芸人出身でありながらサッカー番組のMCもできるなんて多彩…!と思ったら、もうお一人いましたね。そう、矢部浩之さん。

同じく地上波での番組が終了してしまい、その直後に「やべっちスタジアム」という後継番組が新たにDAZNで配信されていますが、巷では同じく加藤さんも、「DAZN移籍か」などと噂されていますね。

https://twitter.com/t2000boys/status/1361550189564026883?s=20

https://twitter.com/yujisalt0329ts/status/1361621764745302018?s=20

私の個人的な予想としては、下記のような形なら「あるかも」と思います。

    ・やべっちスタジアムのゲスト
    ・内田篤人さんとの対談
    ・その他、番組のスポットMC

少し前なら矢部さんがまさかDAZNに番組を持つなんて想像すらできませんでしたよね。加藤さんも「スーパーサッカー」というホームが無くなったからこそ、いろんな可能性が生まれたと思います。

さすがに、スーパーサッカーのような番組を新たにスタートさせることはないでしょう。「やべっちスタジアム」とコンセプトの重なる情報番組をもう一つ作るのはDAZNも望まないと思います。

でもサッカーに詳しいタレントさん、芸人さんは華やかですし、サッカーファンからも受け入れられやすいというメリットがあります。平畠啓史さんや、最近話題の影山優佳さん(日向坂46)が出演されているのは、こうした需要があるからでしょう。

その点では、加藤浩次さんも十分に可能性はありますし、MCではなく辛口のコメンテーターとして、内田篤人さんをイジる役として、見てみたいなと思うのは私だけじゃないはず。

今回は、惜しまれつつ放送終了となる「スーパーサッカー」について書きました。

しかしながらDAZNやYouTubeを活用すれば情報量としては困ることは少ないでしょう。加藤浩次さんの電撃移籍?はあるのか、やべっちとのコラボはあるのか、その可能性は条件次第で「あり」ではないかと予想します!

-DAZN, サッカー

Copyright© DAZN(ダゾーン)・スポナビライブ解説ナビ , 2021 All Rights Reserved.